高校入試間近の塾生たちと

わたしは学習塾で働いているのですが、2月も中ごろに入りいよいよ入試が近付いてきました。その中でも公立の高校入試はあと1か月を過ぎました。覚悟が決まりエンジンがかかっている生徒もいれば、まだ志望校が決まってない生徒もいます。それでも生徒たちの顔つきも変わりつつあります。
今日は本来祝日で塾の授業は休みですが、急きょ受験生を集めて補習をすることにしました。本来ならばわたしは休みの日です。しかし、受験生の中には、志望校のランクを落とすかどうかで悩んでいる子もいます。長い子では3年以上もうちに通ってくれている子もいるので、その子たちのことを考えると、とても家でじっとしていられませんでした。

思えば中学1年生ごろにはクラブや何やらでへとへとになり、正直ろくに授業も聞いていなかった子どもたちもいました。それが、いまや真剣な顔つきで授業を受けているのです。毎年のことながら、子どもたちの成長の速度には驚かされます。この仕事をやっててよかったなと思う瞬間でもあります。結局ほとんど休憩時間もなしで、4時間近くの補習をしました。わたしは疲れていましたが、子どもたちはまだまだ平気の子もいました。しかし、最近は風邪やインフルエンザも流行っているため、ほどほどに切り上げ解散。これからの一カ月たらず、体調を管理することも重要です。学力だけでなく、いろいろな面から彼らをサポートしていきたいと思います。後少し頑張るぞ!